ボートと同じレッスンが海でできたら、すごくないですか?

2015年10月のモルジブ・ボートトリップなら、それが可能です!

こんにちは、サーフネーションジャパン コーチの及川伸幸です。
台風15号のウネリも湘南にヒットしましたが、いい波乗ってますか?

運命の出会い

春から夏にかけて週末の海レッスンは人が多すぎて限界があると悩んでいました。
波情報サイト”なみある?”から「及川コーチに空いている、いい波でコーチングを受けたい」というオファーを受けました。僕も「もっといい波で教えたい」って思ってたところだったので、願ったり叶ったりです。

そこにさらなる出会いが、、、

株式会社”Geekout(ギークアウト)”が短い滞在時間でも可能なボートトリップという新しいスタイルを提案してくれました。

まさに運命の出会いが2回も重なって、空いているリーフブレイクでコーチングができることになりました。

10月のモルジブのコンディションについて

モルジブは  リーフブレイクの中でも特にイージーなポイントが多く、7~9月の夏休み期間は世界中からサーファーが殺到します。10月はシーズン終わりということでサイズは若干下がり人も減ります。サイズが下がると言っても、インド洋のウネリはコンスタントで、例年、ハラ〜ムネサイズの波でサーフィンができます。

ボートで特に空いているポイントへ移動し、波が余るようなコンディションでのコーチングセッションを予定しています。
参加レベルは日本のビーチブレイクでテイクオフできればOK

DSC_0092コンパクトなマシンブレイク コシ〜ハラで100m乗れちゃいます。

同じような日程の東台湾サーフィン合宿では、少し横に行けるくらいの初心者が一番伸びています。3日で劇的な進歩を見せるのはこのレベルの人たちです。アップスをマスターし最終日にはボトムターンにチャレンジという具合です。また中級者でボトムターンをマスターしたいとか、カットバックをやってみたいという明確な目標がある人も、帰国後に周囲の友だちが変化に気づくくらい上達します。

逆に、ずっとコシ〜ハラでメロー波という可能性もあり、上級者ではちょっと物足りないかもしれません。(肩〜頭掘れ掘れが好きな上級者は冬の東台湾合宿まで少々お待ちください)

*メローなポイントを中心に回る予定ですが、3日に1ラウンドは中上級者向けの少し掘れるポイントにも行きます。ボトムターンからのドライブ感を1度は体験してくだい。

 

あなたはリーフブレイクでこんな間違いしていませんか?

(1) 鬼パドルで力任せにテイクオフ
片貝や一宮と違って、モルジブのウネリはヒザ〜コシでも力強いので、テイクオフは力任せのパドルでふらつくと板の角度のコントロールがおろそかになってしまいます。”前後バランスでうねりからテイクオフ”をマスターするにはハラ〜ムネくらいでパワーのある波が最適です。一度”前後バランスでうねりからテイクオフ”の感覚を覚えてしまえば、千葉・湘南の波でも以前より早くテイクオフできるようになります。この技術は一生モノです。じゃあ、いつやるの?今でしょう!!!

(2) いい波すぎて、ショルダー長すぎて、ついついアップスして駆け抜けてしまう
実は一番の問題点コレです!長いショルダ−が見えたら、ついついアップスして駆け抜けてしますが、リーフブレイクはゆっくり割れるので、焦ってアップスするのではなく、じっくりボトムターンしてみましょう。といっても簡単にはできないので、船から無線インカムでコーチング入れます。

・トロイセクションなら「波のポケットに戻っても大丈夫」「カットバックして」
・速いセクションなら「アップスアップス!」

一手先を読んでコーチングする、、、予定(・ω<)
サーフィンは遠心力を楽しむブランコのような遊びです。
ブランコのようにジワりと強い力をかけると大きな弧を描いてドライブします。

(3) 小さなヒザ〜コシ波に乗りまくって、カタ〜アタマのセットは全部ドルフィンスルーしてた
船の3階からセットが来るのが見えたら、ピークの位置を無線インカムで教えます。

・「セットがあと30秒で来るから沖に戻って」
・「もっと右奥!」

セットの取りこぼしなし!

旅行の詳細はこちらまで → リンク

チョイ役!?

ところで、2015年9月5日(金)深夜0時〜「アスリートの魂」に大村奈央が出演します。及川もチョイ役?で出演するのでご確認よろしお願いいたします。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA