サーフィンの初心者が陥りやすい間違いランキング

第1位 ネットや本の2次的な情報だけでサーフボード選びやシェイパー批判

◯◯サーフのブログに史上最高と書いてあったとか、、、それ相手の商売に乗せられてるだけですから、
初心者はそもそも年に何枚の板に何回乗って、一本当たり何回ボトムターンしているのだろうか?
➡多分ゼロ
そもそもボトムターンできたら初心者じゃないし

第2位 サーフィンは自由だ!

ルールなき無法地帯ではない
 ワンウェイブワンマン
 前乗り禁止
 ロング禁止
などというルールに加えて、ローカルルールやマナーがたくさん
そして上手いサーファーは同じような効率的なスタイルに集約して行くことを見ると、乗り方も実は決まっているし、波とコラボとか言っても、波なりに乗るしかない。独創的なマニューバーってプロレベルのスピードがあってはじめて実現できる。
初心者の独創的なラインはパワーゾーンから外れただけだったりする

第3位 ピークを狙うかアウトに出るか迷って、巻かれる

これは初心者に限ったことではありませんが、経験を積むにつれて無駄に巻かれて、またゲットしなければならない状況は減っていきます。
サーフィンの何が難しいかって、波の動きやパワーを予想するのが難しい。リップといってもスケボーなら基本ワザの一つ。足場が動かなければ簡単なのですが、足場が動いてしかも柔らかかったり硬かったり、、、

第4位 初心者ならではのグッズを買ってしまう

水掻き手袋
ものすごくパワーが余っている人が使う道具です。水泳ではパドル板はトレーニング用とされています。ゆっくり掻く練習にはなりますが、初心者が使ってもレールが入ってしまうだけでテイクオフは速くなりません。
サーフボードリペアキット
お気に入りのボードほど修理はプロに頼んだほうがキレイに仕上がるし結局長持ちします。但し、旅行に持って行く前に一度練習しましょう。
テールエリアに貼るとよく滑るというシール
ちゃんとテール踏めないのに意味無いじゃん(・・)

第5位 初心者の頃はあんな事してた、、、とか脱初心者をアピール

その行為、自体が初心者です

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA